戦国武将大全TOP

Image is not available
Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
朝倉義景 ~灰と燃えさし一乗谷と共に、越前朝倉氏最後の当主
浅井長政 ~近江の勇将、浅井氏最後の当主
武田信玄(武田晴信)~戦国最強の武田軍を率いた甲斐の虎
朝倉孝景(敏景) ~下克上の先駆けをした天下一の極悪人、英林孝景
浅井久政 ~外交において浅井氏を存続させた、浅井氏2代目当主
真田信之 ~真田家存続に尽くした名将
真田信繁(真田幸村) ~真田日本一の兵、古今これなき大手柄
浅井茶々(淀殿) ~戦国時代の終焉に殉じた、浅井三姉妹の長女
Slider
スポンサードリンク

 戦国の城郭 
朝倉館唐門
Arrow
Arrow
ArrowArrow
一乗谷城 ~一乗谷朝倉氏遺跡として名を残した、越前朝倉氏の居城
金ヶ崎城 ~三英傑が集結し、歴史の分岐点となった激戦の地
浜松城(曳馬城) ~徳川家康が本拠とした、出世城
Slider

 戦国武将の家紋 

戦国武将の家紋 ~氏族別家紋一覧

 家紋とは日本固有の紋章の一種であり、日本の文化の一つです。
 家紋は家系や血統などを表すために用いられ、現代においては非常に多くの(2万以上とも)種類があるといわれています。

 ここではその中でも歴史上(戦国時代を中心に)の人物に由縁の家紋を、氏族別に一覧にて紹介していきます。
 なにぶん数が多いので、このブログで公開している人物より、随時更新の予定です。
(さらに…)

コメントを残す