武田信勝 ~甲斐武田氏最後の当主

武田信勝

武田菱 武田信勝とは安土桃山時代の武将であり、甲斐武田氏の21代目当主です。
 父は武田信玄の子である武田勝頼であり、母は遠山直廉の娘で織田信長の養女でもある龍勝院。
 大名家としての甲斐武田氏の、最後の当主になります。

 武田信勝 (たけだ のぶかつ)
 生年  1567年(永禄10年11月1日)
 没年  1582年(天正10年4月3日)
 改名  武王丸⇒信勝
 別名  太郎
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田勝頼 
     生母:龍勝院 継母:桂林院
 兄弟  勝親 貞姫
 妻   正室:大井の方
     側室:今井氏娘(西昌院)
        楠浦氏 工藤氏
        松尾氏 上杉憲房前室
 子   養子:信治

スポンサードリンク

略歴

 1567年(永禄10年)に、諏訪勝頼(武田勝頼)の長男として、高遠城に誕生。

 父・勝頼はかつて信濃国を治めていた諏訪氏の娘を母とし、武田信玄との間に生まれた庶子であり、諏訪氏を相続して高遠城主となっていました。

 母は美濃国苗木遠山氏の出身で、織田信長の養女となった上で武田勝頼に嫁ぎ、信勝を出産した際に死去しています。

 父・勝頼は信玄の四男という立場であったものの、1565年(永禄8年)に、信玄の嫡男で勝頼の兄であった武田義信が謀反。
 これに失敗して廃嫡となり、義信は甲府東光寺に幽閉されて死去しました。

 また次男の海野信親(武田竜芳)は盲目であり、三男の信之は夭折していたため、家督は勝頼が継承することになります。

 家督継承後の勝頼は徳川家康らと争い、領土拡大を目指すものの、1575年(天正3年)に行われた長篠の戦いにて大敗を喫し、武田氏は弱体化。

 その後、仇敵であった上杉氏とは甲越同盟を、佐竹氏とは甲佐同盟を成立させて再建を図り、さらには織田氏との関係改善も模索します。

 1579年(天正7年)には信勝の元服準備がされ、元服されたと見られています。
 これは織田氏と縁のある信勝を当主にすることで、織田氏との融和を図る狙いがあったと思われているようです。

 しかし織田氏はこれを黙殺し、1582年(天正10年)に織田・徳川連合軍による甲州征伐が開始。

 これにより武田領国は崩壊し、勝頼は居城であった新府城を放棄しつつ小山田信茂を頼りましたが、信茂は離反。
 ついには天目山にて滝川一益と戦い、信勝は父・勝頼やその家臣であった跡部勝資、土屋昌恒らと共に自害して果てました。享年16。

 大名家としての武田氏はここに滅亡しましたが、その名跡は従弟の穴山勝千代(武田信治)が、その後は徳川家康の五男・武田信吉が継ぐものの、夭折して断絶しました。

 そのため武田信玄の次男・竜芳の子である武田信道が引継ぎ、存続することになります。

甲斐武田家(甲斐源氏)歴代当主

 第1代  源義光  1045年~1127年
 第2代  源義清  1075年~1149年
 第3代  源清光  1110年~1168年
 第4代  武田信義 1128年~1186年
 第5代  武田信光 1162年~1248年
 第6代  武田信政 1196年~1265年
 第7代  武田信時 1220年~1289年
 第8代  武田時綱 1245年~1307年
 第9代  武田信宗 1269年~1330年
 第10代  武田信武 1292年~1359年
 第11代  武田信成 生年不詳~1394年
 第12代  武田信春 生年不詳~1413年
 第13代  武田信満 生年不詳~1417年
 第14代  武田信重 1386年~1450年
 第15代  武田信守 生年不詳~1455年
 第16代  武田信昌 1447年~1505年
 第17代  武田信縄 1471年~1507年
 第18代  武田信虎 1494年~1574年
 第19代  武田信玄 1521年~1573年
 第20代  武田勝頼 1546年~1582年
 第21代  武田信勝 1567年~1582年
 第22代  武田信治 1572年~1587年
 第23代  武田信吉 1583年~1603年

スポンサードリンク