三条の方 ~武田信玄の正室、三条夫人

武田菱  三条の方とは戦国時代の女性であり、甲斐国の戦国大名・武田信玄の正室(継室)です。
 左大臣・転法輪三条公頼の次女でもあります。
 その地位とは裏腹に、不運に見舞われた女性としても知られています。

 三条の方 (さんじょうのかた)
 生年  1521年(大永元年)?
 没年  1570年(元亀元年7月28日)
 別名  三条夫人
 親   父:転法輪三条公頼
 兄弟  細川晴元室
     如春尼(顕如の妻)
 夫   武田信玄
 子   武田義信 黄梅院(北条氏政室)
     海野信親 信之
     見性院(穴山梅雪室

スポンサードリンク

生涯

武田信玄に嫁ぐ

 三条の方は1521年(大永元年)頃、京の三条邸にて生まれました。

 生家の転法輪三条家は摂関家に次ぐ家柄の清華七家の一つであり、太政大臣を輩出したこともある京の公家であったといわれています。

 笛と装束の家としても知られています。

 三条の方は駿河国の今川氏の仲介により、1536年(天文5年7月)に、甲斐国の武田晴信(信玄)に嫁ぎました。

 信玄との間に義信、黄梅院、信親、信之、見性院など、3男2女をもうけます。

相次ぐ不運

 しかし三条の方は、その後多くの不運に見舞われることになりました。

 ・次男である海野信親(武田竜芳)が、生まれながらも盲目、もしくは幼少期に失明。

 ・1551年(天文20年)には大寧寺の変(陶晴賢の謀反)が勃発。この時、父・三条公頼は大内義隆を頼って京より下向しており、この変に巻き込まれて殺害。

 ・1553年(天文22年)には、三男・武田信之が若干11歳にて夭折。

 ・1565年(永禄8年)には義信事件が起き、長男・武田義信が武田信玄に対する謀反に関わったとして幽閉され、翌々年に死去。
 ・1568年(永禄11年)には信玄が駿河侵攻を開始し、長女で北条氏政に嫁いでいた黄梅院 は離縁され、その翌年に病死。

 このように次々に身内の不幸に見舞われる中、三条の方自身も1570年(元亀元年)に死去しました。享年50。

 その墓所は山梨県甲府市の円光院に残されています。

 記録によると、三条の方は美しく、仏へと信仰篤く、信玄との夫婦仲も良かったとされています。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
三条の方  67  56  64  85

 政治が高く、内政向き。
 他の能力も、優秀な武田家臣団の中では見劣りするものの、弱小勢力のこれまた弱小武将などと比べれば、十分に活躍できる能力です。