酒井家次 ~下総臼井藩初代藩主

片喰 酒井家次とは戦国時代の武将であり、徳川氏の家臣です。
 徳川四天王筆頭であった、酒井忠次の長男として知られています。

 酒井家次(さかい いえつぐ)
 生年  1564年(永禄7年)
 没年  1618年(元和4年3月15日)
 別名  小五郎(仮名) 左衛門尉
 家紋  片喰
 主君  徳川家康⇒徳川秀忠
 親   父:酒井忠次
     母:碓井姫(松平清康の娘)
 兄弟  本多康俊 小笠原信之
 妻   正室:榊原政吉の娘
 子   忠勝 直次 忠重
     勝吉 了次 忠時 政時
     娘(松平忠良正室)
     娘(水谷勝隆正室)
     娘(内藤忠興正室)
     娘(里見義高室)
     娘(島田重利室)
     娘(高力一成室)
     娘(菅沼忠隆正室)

スポンサードリンク

略歴

 1564年(永禄7年)、酒井忠次の長男として誕生します。

 母は徳川家康の叔母に当たる碓井姫ということもあって、家次は家康の従弟に当たる血筋でした。

 幼少時より家康に仕えており、1588年(天正16年)父・忠次が隠居すると、その家督を継承。

 1590年(天正18年)に小田原征伐が行われ、後北条氏が滅亡すると家康は関東に移封され、家次は下総国臼井3万7,000石を与えられました。

 1600年(慶長5年)には関ヶ原の戦いが勃発。

 家次もまた従軍するも、徳川秀忠に従って中山道を進軍し、途中、真田昌幸らの足止めもあって関ヶ原本戦には間に合うことなく、戦いに参加することはできませんでした。

 戦後の1604年(慶長9年)には、上野国高崎5万石に移封されることになります。

 1614年(慶長19年)には、徳川氏と豊臣氏の間に大坂の陣が始まり、冬の陣では大坂城の東側の黒門口を担当し、戦います。

 しかし大坂城は堅城であり、その守りの前に戦功を挙げることは叶いませんでした。

 翌年の1615年(慶長20年)の大坂夏の陣における、天王寺・岡山の戦いでは天王寺口第三陣の大将として戦うも、豊臣方・毛利勝永の猛攻を前に部隊は壊乱し、家次は敗走。

 その後、真田信繁の突入に遭い、家康本人すら死を覚悟するほど追い詰められることになりましたが、結果的に大坂の陣は徳川の勝利で幕を閉じ、豊臣氏は滅亡しました。

 その後1616年(元和2年)に、越後高田藩10万石に移封。

 それから2年後の1618年(元和4年)に、死去。
 家督は長男・忠勝が継承しました。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
酒井家次  51  52  48  53

 平凡な能力ですが、徳川四天王であった父・酒井忠次の後継者であることを踏まえると、もの足りない能力。
 やはり主要な合戦で功を挙げられなかったことが響いているようです。