おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」感想&解説など

 前回は小野政次の窮地を井伊直親が救い、次郎法師を含めてかつての子供時代のように三人の仲が戻ってきた印象でした。
 その流れは今回も続くわけですが、明らかによろしくないフラグが立ったとしか思えない演出です。

 事の発端は、次郎法師が助けた(助けようとした)瀬名の件から。

 前回の感想で書いたように、窮地に陥っていた瀬名は、元康が提案した上ノ郷城城主・鵜殿長照の遺児との人質交換により、九死に一生を得ました。
 次郎法師が助けたわけではありません。助けようとしたのは事実ですが。

スポンサードリンク

松平元康への内通

 ともあれ次郎法師に助けられたお礼、ということで、松平元康からお礼の品と、ついでに内通のお誘いがきます。

 直親は政次に相談し、同心を決意。

 そして元康に会いにいくのですが……視聴者はすぐにも気づいたと思いますが、思いっきり罠でした。

 結果、目付けであった政次は今川に問い詰められて、なし崩し的に井伊を裏切る形になってしまいます。まさに父親である小野政直の予言通りになってしまったわけですね。

 史実では政次が直親の内通を密告し、謀殺したことになっています。
 今回は密告、という形ではないにしろ、元康と内通しようとしたのは直親の責任においてですので……それで機先を制せられて誅伐されたとしても、自己責任といったところでしょうか。

 とはいえドラマでは政次も井伊の裏切りに同意していますので、直親ばかりの責任とも言い切れませんけどね。

 ともあれ直親は駿府に呼び出され、その道中にて今川家重臣である朝比奈泰朝に成敗されることになります。

 この朝比奈泰朝という人物は直親の死に直接関わってくる上に、今川家が滅亡する際にも最後まで戦った忠臣として知られている武将なので、ドラマでも登場するかなと期待していたのですが、今のところはなさそうです。

 これまで何度か朝比奈という名前は出てきていたので伏線かな、とも思っていたのですが、違ったようです。まあ次回を見てみないことには確定できませんが。

 さて次回はとうとう次郎法師が直虎になります。
 おんな城主の誕生ですね。
 ある意味で、ここからが本当のスタートであるといえるでしょう。


 <<おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」感想&解説
 おんな城主 直虎 第12回「おんな城主 直虎」 感想&解説 >>