本多忠真 ~本多忠勝を教育した槍の名手

本多葵(丸に立ち葵) 本多忠真とは戦国時代の武将であり、松平氏(のちの徳川氏)の家臣です。
 徳川家康に仕えて徳川四天王として勇名を馳せた本多忠勝を教育し、これを補佐した人物であり、また槍の名手であったとして知られています。
 三方ヶ原の戦いにおいて殿を務め、討死しました。

 本多忠真(ほんだ ただざね)
 生年  1531年(享禄4年)
     もしくは1534年(天文3年)
 没年  1573年(元亀3年12月22日)
 別名  肥後守
 家紋  本多葵(丸に立ち葵)
 主君  松平清康⇒松平広忠
     ⇒徳川家康
 親   父:本多忠豊
 兄弟  忠高

スポンサードリンク

略歴

 本多忠真は本多忠豊の次男として、1531年(享禄4年)または1534年(天文3年)に誕生しました。
 兄に本多忠勝の父として知られる、本多忠高がいます。

 1545年(天文14年)、三河安祥城を巡って尾張の織田信秀と戦った安祥合戦において、父・忠豊は主君・松平広忠を逃がすために殿を務め、戦死。

 さらに1549年(天文18年)に再び安祥城攻めが行われ、この戦で兄・忠高も討死してしまいます。

 そのため兄嫁とその子であった鍋之助(本多忠勝)を保護し、読み書きや武士の心得などを忠勝に教育していくことになりました。

 1560年(永禄3年)に、桶狭間の戦いの前哨戦である鷲津砦の戦いにおいて、忠勝は織田方の山崎多十郎に討ち取られそうになります。
 この窮地に際し、忠真は槍を投げつけて忠勝を救いました。

 以降、忠真は忠勝の補佐として、多数の合戦に参加することになります。

 その中でも1561年(永禄4年)の水野信元との戦いでは功を挙げ、さらに1563年(永禄3年)に発生した三河一向一揆では多数の本多一族が一揆側につく中、家康方として岡崎に入ったとされています。

 そして1572年(元亀3年)、甲斐の武田信玄の西上作戦により、徳川家康は武田信玄と三方ヶ原で戦い、大敗を喫します。

 この時忠真は殿を買って出、追走する武田軍に対して斬り込み、かつて父・忠豊がそうしたように討死しました。

スポンサードリンク