服部正重 ~4代目服部半蔵

源氏車に並び矢筈  服部正重とは江戸時代の旗本です。
 服部半蔵の名でよく知られている服部正成の次男であり、のちに父や兄の跡を継いで、服部半蔵の名を襲名しました。

 服部正重 (はっとり まさしげ)
 生年  1580年(天正8年)
 没年  1652年(承応元年)
 別名  半蔵
 家紋  源氏車に並び矢筈
 主君  徳川家康
 親   父:服部正成
 兄弟  正就 正広
 妻   大久保長安の長女
 子   正吉

スポンサードリンク

来歴

 服部正重は1580年(天正8年)に服部正成の子として生まれました。

 1600年(慶長5年)、石田三成徳川家康との間で勃発した関ヶ原の戦いが、初陣となりました。

 この前日、徳川の陣にいた正重は父・正成の初陣の時の話や、活躍を聞いたとされており、翌日行われた合戦の前に敵陣へと侵入し、寝込みを襲って敵の侍大将の首をあげ、家康へと届けたとされています。

 また1614年(慶長19年)に、徳川氏と豊臣氏による大坂の陣が勃発すると、父の跡を継いでいた兄・服部正就が戦場にて行方不明となり、その代わりとして服部家の家督を継承。さらには服部半蔵の名を襲名しました。

 服部家は服部半蔵の名と共に、伊賀忍者頭領として知られているものの、先代の兄・正就の問題行動により、伊賀同心支配の任を解かれてしまっており、正重は大久保長安と共に佐渡金山での政策を担当したといわれています。

 しかし1612年(慶長18年)、大久保長安事件が発生。

 この事件で正重は特に咎めを受けることはありませんでしたが、目付から佐渡にて待てと命じられたにも関わらず、佐渡島対岸の出雲崎にて目付一向を出迎えたことが家康の逆鱗に触れ、三千石は没収され浪人となることを余儀なくなされました。

 正重はその後流浪して越後国内の三藩で家来として仕えることになりますが、そのどの藩も取り潰しやお家断絶などの憂き目に遭い、その度に浪人となってしまいます。

 5年の流浪の末、兄・正就の正室の実家であった久松松平家の松平定綱に召抱えられることとなり、2千石を得、桑名藩の家老として服部家は存続しました。

 そして1652年(承応元年)に死去します。享年73。

スポンサードリンク