「城郭」カテゴリーアーカイブ

金ヶ崎城 ~三英傑が集結し、歴史の分岐点となった激戦の地

金ヶ崎城址《金ヶ崎城址》

 金ヶ崎城とはかつての越前国にあった城郭であり、戦国時代における有名な、織田信長の撤退戦の舞台になった地として知られています。

 戦国時代以外でも、南北朝時代や室町時代において、熾烈な戦いの舞台となった地でもありました。

 金ヶ崎城(かねがさきじょう)
 別名   敦賀城
 城郭構造 山城
 築城年  平安時代
 廃城年  不明
 築城主  平通盛
 主な城主 気比氏 甲斐氏 朝倉氏
 文化財  国の史跡
 所在地  福井県敦賀市金ヶ崎町

続きを読む 金ヶ崎城 ~三英傑が集結し、歴史の分岐点となった激戦の地

浜松城(曳馬城) ~徳川家康が本拠とした、出世城

浜松城(曳馬城)《浜松城(曳馬城)》

 浜松城とは中世の戦国時代に築城され、徳川家康が本拠とした城郭です。
 家康が城主となる以前は今川氏の支配化にあり、曳馬城(ひきまじょう)という名前で知られていました。
 また、歴代城主の中でのちに出世した者が多く、出世城とも呼ばれたそうです。

 浜松城(はままつじょう)
 別名   曳馬城(ひきまじょう)
 城郭構造 梯郭式平山城
 築城年  1504~1520年(永正年間)か?
 廃城年  1871年(明治4年)
 築城主  今川貞相か?
 主な城主 飯尾氏 松平氏 堀尾氏 井上氏 水野氏 等
 文化財  指定文化財無し
 所在地  静岡県浜松市中区元城町100−2

続きを読む 浜松城(曳馬城) ~徳川家康が本拠とした、出世城

一乗谷城 ~一乗谷朝倉氏遺跡として名を残した、越前朝倉氏の居城

朝倉館唐門《一乗谷朝倉氏遺跡》

 一乗谷城は中世の山城であり、越前国を支配した朝倉氏が居城とした城です。
 現在では一乗谷朝倉氏遺跡として知られており、遺跡全体が国の特別史跡に指定されています。

 一乗谷朝倉氏遺跡は単純に城だけでなく、館跡や城下町、そして一乗谷城を含めてそう呼称されています。

 一乗谷城(いちじょうだにじょう)
 城郭構造 山城
 築城年  南北朝時代
 廃城年  1575年(天正3年)
 築城主  朝倉氏
 主な城主 朝倉氏 桂田長俊
 文化財  遺跡⇒特別史跡 庭園⇒特別名勝
 所在地  福井県福井市城戸ノ内町

続きを読む 一乗谷城 ~一乗谷朝倉氏遺跡として名を残した、越前朝倉氏の居城

日本の城郭 姫路城

平成の修理を終えて

 今回は姫路城の紹介です。

 姫路城は平成の修理(2009年~2015年)と呼ばれる工事を経て、2015年に生まれ変わりました。昭和の大修理、というのが以前行われたのですが、その際に50年は保つ、とされていたはずが、50年たたない時点で劣化が激しく、今回の修理はそれらを踏まえて行われたそうです。
 ちなみに当然というか何というか、明治や江戸時代にも修理は行われていたようです。

 ともあれ綺麗になったので、一度行ってみたいと思っていたこともあり、私も足を伸ばしてきました。その時のことの紹介です。
続きを読む 日本の城郭 姫路城

日本の城郭 安土城

 安土城といえば織田信長が築城した城として有名ですね。ブログ開設以前に私が行ってきた城址の一つでして、せっかくなので記憶がまだ残っているうちに備忘録として残しておきたいと思います。

 まずは安土城の概要を。
 安土城は現在の滋賀県近江八幡市安土町にあった城郭で、現在は城址として国の特別史跡に指定されています。安土山にあったいわゆる山城です。

 この安土山(目賀田山)には近くの観音寺城の支城であった目賀田城があったそうですが、信長が安土城を建設するにあたって城主であった目賀田摂津守貞政は代替地と引き換えに、明け渡しました。その後、1576年(天正4年)に織田信長によって築城され、絢爛豪華な城であったとされています。
 しかし本能寺の変後、焼失。1585年(天正13年)に廃城となってしまい、現在では石垣等の遺構を残すのみとなってしまいました。
続きを読む 日本の城郭 安土城

日本の城郭 上田城

 お盆期間も終わり、ようやくお休みがとれたので、少し旅行に出てきました。
 とはいえ一日しか無いので日帰りできそうなところ……ということで、前々から行こうと思っていた上田城に行ってきた次第です。
 上田城といえば、現在放映中の大河ドラマ『真田丸』にて、主人公の一族である真田氏が居城としたところですね。

上田城とは?

 長野県上田市にある城で、真田昌幸が当主であった真田氏によって建てられた平城です。1583年(天正11年)に築城。上田合戦の舞台となった城で、真田氏は二度に渡って徳川の軍勢を撃退したとして有名ですね。
 しかし関が原の戦いの後、真田昌幸が組した西軍が敗北したことで、昌幸は九度山に配流。上田城は徳川氏によって破却され、廃城の憂き目にあいます。
 その後上田藩の藩庁が置かれるわけですが、昌幸の長男である信之の代には再建叶わず、後に真田氏に代わって仙石氏が移封されてくると、仙石忠政によって1626年(寛永3年)に現在の上田城の普請がされることになります。

 明治以降には破却や移築によって城内には石垣と西櫓が残るだけの状態でしたが、昭和期に本丸にあった櫓が復元され、平成に入ってから櫓門や塀が復元され、現在見られる状態になっているとのことです。
 ちなみに本丸跡には真田神社があり、二の丸跡は上田城跡公園に、またその他の敷地内には博物館やら野球場があったりします。

長野県に行こう!

 というわけで、長野県に行ってきました。小さい頃に一度行ったきりだったので、ずいぶん久しぶりです。
 これまでは交通の便はいささか不便だったので、あまり行こうとも思わなかったのですが、ちょっと前から私が住んでいる北陸には北陸新幹線が開通しましたので、これを使わない手はないと、これまた初めて北陸新幹線を利用することにしました。

 とはいえ、私が住んでいる田舎県にはまだ新幹線は来ていないので、在来線に乗って金沢まで行きます。そして目的地である長野県上田市には新幹線が停まるんですねえ……。観光地としてはありがたいことだと思います。ただ常に停まるわけではないらしく、私が乗った新幹線は長野で別の新幹線に乗り換えて、上田に行く、という手順を踏みました。

 あっという間に上田市に到着。駅におりるとすでに大河ドラマ一色となっていました。うーん、赤い。 ともあれ目的の上田城に向かいます。
 さすがにまだ夏なので、日差しがあると暑い。そして山の中らしく、道の勾配もそれなりに。のんびり歩きます。お盆明けの平日なので、けっこう観光客がいます。自分もその一人ですが。まだ夏休みだと思えば、こんなものなのかな?

 で、到着。まずはよくテレビなどで出てくる櫓門が目に入ります。現在の上田城のイメージはこれですね。近くまで進むと、石垣の中に一際目立つどでかい石があります。いわゆる「真田石」で、真田信之が松代に移封される際に持っていこうとしたが、重くて動かせなかったというあれです。

 中に入ります。城内にある城らしい建築物は、櫓が三つあり、中に入ることもできますが、それだけです。天守はありません。 代わりに本丸跡には真田神社があるので、自分も並んでお参りを。
 見るべき建造物はそんなに無いので、目的の一つだった大河ドラマ館に向かいます。人が多かったですが、これでもまだマシな方だったのかも、と思いながら見て回ります。同じ城内に博物館もあるので、それも見学。

 その後上田城を出て、サントミューゼ上田市立美術館に向かいます。日帰りなので、あんまり時間がありません。ちなみにここでは特別展真田丸を催しており、8月21日までだったので、ギリギリでしたね。
 上田城からサントミューゼに向かうまでに食事や休憩もしていたので、着いた頃には午後三時。そこで一時間ほどのんびりと見学していたのですが……四時頃になると大雨になっていました。どしゃどしゃです。後は土産物を物色して駅に戻るだけだったんですが、その徒歩七分ほどの距離がしんどかったですね。まあ朝から降っていなかったでけでも良しとすべきか。

 あっという間に一日がたち、午後六時頃、上田に別れを告げて新幹線に乗り込みます。帰りは乗り換えなく、金沢まで行けました。行きと違って自由席だったのですが、どうにか座れてよかったです。