「長宗我部家」カテゴリーアーカイブ

長宗我部盛親 ~長宗我部氏再興への執念の武将

 長宗我部盛親とは戦国時代において、四国統一を果たした長宗我部元親の四男にあたり、大坂の陣においては大坂城五人衆の一人に数えられるほどの主力戦力を率い戦いましたが、大坂城は落城。長宗我部氏再興の夢破れた人物として有名です。

 この時代、各地域に有名な戦国大名が現れ、天下を競います。時代の差こそあれ、例えば東北であれば伊達氏であったり、関東ならば北条氏であったり。
 そして四国といえば、この長宗我部氏が有名です。なにぶん、長い名字であるので印象的で、記憶に残るんですね。

 長宗我部氏といえば、長宗我部元親が有名です。一領具足などもよく耳にします。ただ四国を統一した後、しかし秀吉の台頭によって土佐一国の大名に転落してしまうわけですが、その後長宗我部氏どうなったのかは、あまり知られていない印象もあります。

 しかし戦国時代の終わりである大坂の陣において、再び長宗我部の名前が歴史の表に出てくることになるわけです。それが、長宗我部盛親というわけです。

 長宗我部盛親(ちょうそかべ もりちか)
 生年  1575年(天正3年)
 没年  1615年(慶長20年)
 改名  千熊丸(幼名)⇒盛親
 親   父:長宗我部元親 母:斉藤利三妹
 兄弟  香川親和、津野親忠 盛親、右近大夫、康豊
 妻   正室:長宗我部信親の娘
 子   盛恒、盛高、盛信、盛定

続きを読む 長宗我部盛親 ~長宗我部氏再興への執念の武将