「豊臣家」カテゴリーアーカイブ

塙直之 ~塙団右衛門参上

 この人物は大坂の陣の際に、自分の名を書いた木札をばら撒いたとして有名な武将です。
 その他、派手に活躍しており、後世に講談などによって有名になり、塙団右衛門という通称がよく知られていますね。

 塙直之(ばん なおゆき)
 生年  1567年?(永禄10年)
 没年  1615年(元和元年)
 改名  塙長八⇒塙団右衛門直之
 別名  団右衛門
 主君  ?⇒加藤嘉明⇒小早川秀秋⇒松平忠吉⇒福島正則⇒豊臣秀頼
 妻   可部屋桜井氏
 子   桜井平兵衛直胤

続きを読む 塙直之 ~塙団右衛門参上

毛利勝永 ~真田を云て毛利を云わず、真田幸村に匹敵した名将

 大坂の陣といえば、真田信繁(幸村)ばかりが有名ですが、その信繁に勝るとも劣らない活躍をした人物が、毛利勝永という人物です。大坂城五人衆の一人ですね。

 戦国時代で毛利といえば、中国の雄である毛利元就とその一族が有名ですが、勝永はその血族でありません。が、あながち無関係、というわけでもないんですね。これはまた後述します。

 毛利勝永(もうり かつなが)
 生年   1578年(天正6年)
 没年  1615年(慶長20年)
 改名  森吉政⇒毛利吉政⇒毛利勝永
 別名  吉政 号:一斎
 主君  豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親   父:毛利勝信
 兄弟  山内勝近
 妻    正室:安姫 継室:名称不明

続きを読む 毛利勝永 ~真田を云て毛利を云わず、真田幸村に匹敵した名将

大野治長 ~豊臣家最後の忠臣

 大野治長といえば、大坂の陣が描かれる時に必ずと言っていいほど現れる人物です。そのため比較的知名度があるのですが、治長がいったい何者であるかはあまり知られていないかもしれません。

 歴史ドラマにおいて、豊臣政権側が描かれる際は、関ヶ原までは大抵石田三成が中心的な人物として登場します。しかし関が原の戦いで三成が死亡した後、突然、秀頼や淀殿の側近として現れるのが、この大野治長という人物なわけですね。

 ドラマにおいては伏線らしい伏線もなく、そこそこ重要なポジションに突然現れるように見える場合が多いので、いったい誰なんだこれは、という印象を持ってしまいがちです。
 今回はそんな大野治長についての紹介です。

 大野治長(おおの はるなが)
 生年  1569年(永禄12年)
 没年  1615年(慶長20年)
 主君  豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親    父:大野定長 母:大蔵卿局
 兄弟  治房 治胤 治純
 妻   南陽院
 子   治徳 治安

続きを読む 大野治長 ~豊臣家最後の忠臣

豊臣秀頼 ~大坂の陣にて滅亡した、太閤秀吉の忘れ形見

 豊臣秀頼とは、豊臣秀吉と、その側室であった淀殿の間に生まれた第二子。秀吉にとっては三男にあたります。
 秀吉の子といえば、最初に淀殿との間に生まれた子が早くに死に、その後に生まれたのが秀頼だから次男では? と思うところですが、実は秀吉には石松丸(羽柴秀勝)という長男がいたんですね。秀吉の長浜城主時代に生まれた子なので、秀頼よりが生まれた頃よりも20年ほど遡ることになります。ちなみのこの人物も早くに亡くなっています。

 豊臣秀頼(とよとみ ひでより)
 生年  1593年(文禄2年)
 没年  1615年(慶長20年)
 改名  捨丸(幼名)⇒秀頼
 家紋  五七桐紋(ごしちぎりもん)
 親   父:豊臣秀吉 母:淀殿
 兄弟  石松丸 鶴松
 妻   正室:千姫 側室:和期の方
 子   国松 天秀尼 求厭 

続きを読む 豊臣秀頼 ~大坂の陣にて滅亡した、太閤秀吉の忘れ形見

大谷吉継 ~石田三成の盟友、大谷刑部

 大谷吉継とは戦国時代の武将であり、越前敦賀城主を務めた豊臣家家臣です。
 業病を患いながらも盟友・石田三成との友誼を果たすために輿に乗って指揮し、関ヶ原の戦いに参戦したことで知られています。

 大谷吉継(おおたに よしつぐ)
 生年  1565年(永禄8年)
 没年  1600年(慶長5年)
 別名  吉隆 紀之介 平馬 大谷刑部  
 主君  豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親   父:大谷吉房
     母:東殿
 兄弟  妹:こや(小屋)
     下間頼亮室
 子   吉治(吉勝) 木下頼継 
     泰重 竹林院(真田信繁室)

続きを読む 大谷吉継 ~石田三成の盟友、大谷刑部

島左近 ~三成に過ぎたるもの、島清興

 島左近とは戦国時代の武将であり、石田三成の家臣です。
 本名は島清興といいますが、一般的には島左近の名前で知られています。

 「治部少に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と称されるほどの逸材であったといわれています。
 左近は三成の側近ですが、その召抱えにあたって三顧の礼をもって破格の待遇で迎えられました。

 島清興(しま きよおき)
 生年  1540年(天文9年)
 没年  1600年(慶長5年)
 別名  左近 勝猛 友之 清胤 昌仲 
 主君  畠山高政⇒筒井順政
     ⇒筒井順慶⇒筒井定次
     ⇒豊臣秀長⇒豊臣秀保
     ⇒石田三成
 親   父:政勝
 妻   茶々(北庵法印の娘)
 子   信勝 友勝 清正 
     娘(小野木重勝正室)
     珠(柳生利厳室)

続きを読む 島左近 ~三成に過ぎたるもの、島清興

石田三成 ~大一大万大吉の理想に殉じた武将

 石田三成といえば豊臣秀吉に仕え、豊臣政権を担った五奉行の一人であり、関ヶ原の戦いにおいて西軍を主導し、徳川家康と戦った人物として知られています。

 石田三成(いしだ みつなり)
 生年  1560年(永禄3年)
 没年  1600年(慶長5年)
 改名  佐吉(幼名)⇒三也⇒三成
 主君  豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親   父:石田正継 母:瑞岳院
 妻   正室:皎月院
 兄弟  正澄
 子   重家 重成

続きを読む 石田三成 ~大一大万大吉の理想に殉じた武将