「甲斐武田家」カテゴリーアーカイブ

穴山信君(穴山梅雪) ~謀反か、それとも武田家再興か

穴山信君(穴山梅雪)

三つ花菱 穴山信君とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏の家臣で、武田二十四将の一人に数えられます。
 名前の信君は「のぶきみ」と読ますのか「のぶただ」と読ますのか諸説ありましたが、近年の研究で「のぶただ」であったことが正しいと確定されたようです。
 信君は剃髪して梅雪斎不白と号したこともあり、穴山梅雪の名でもよく知られています。
 武田氏滅亡の際は離反して徳川氏に通じ、本能寺の変に関連して畿内脱出を果たせず、横死しました。

 穴山信君 (あなやま のぶただ)
 /穴山梅雪(あなやま ばいせつ)
 生年  1541年(天文10年)
 没年  1582年(天正10年6月21日)
 別名  信良 梅雪 武田左衛門
     幼名:勝千代
     通称:彦六郎 左衛門大夫
     号:梅雪斎不白
 家紋  三つ花菱(みつはなびし)
 主君  武田信玄武田勝頼織田信長
 親   父:穴山信友
     母:南松院(武田信虎の娘)
 兄弟  信嘉(信邦) 彦九郎
 妻   武田信玄の次女・見性院
 子   勝千代 武田信親室
     養女:下山殿

続きを読む 穴山信君(穴山梅雪) ~謀反か、それとも武田家再興か

小宮山友晴 ~天晴な男、武士の鑑、国史の精華

 小宮山友晴とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏の家臣です。
 主君・武田勝頼に疎まれながらも、追い詰められた勝頼のために天目山に駆けつけ忠節を尽くし、戦死しました。

 小宮山友晴(こみやま ともはる)
 生年  不詳
 没年  1582年(天正10年3月9日)
 別名  内膳佑
 主君  武田勝頼
 親   父:小宮山昌友
 兄弟  拈橋 昌親 忠道
 子   織部 道昌(道政)
     清路

続きを読む 小宮山友晴 ~天晴な男、武士の鑑、国史の精華

土屋昌恒 ~片手千人斬りの異名を残し、天目山に散った忠臣

三つ石 土屋昌恒とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏家臣。
 武田信玄武田勝頼の親子二代に渡って仕え、武田氏の滅亡である甲州征伐の際は最後まで主君・勝頼に同行し、天目山の戦いで奮戦。討死しました。

 土屋昌恒(つちや まさつね)
 生年  1556年(弘治2年)?
 没年  1582年(天正10年3月11日)
 改名  惣蔵(幼名)⇒昌恒
 別名  道節
 家紋  三つ石(みついし)
 主君  武田信玄⇒武田勝頼
 親   父:金丸筑前守(虎義)
     養父:土屋貞綱
 兄弟  昌直 昌続 昌詮
     金丸定光 秋山親久
 妻   岡部元信の娘
 子   忠直
     婿:土屋嘉兵衛(重虎)

続きを読む 土屋昌恒 ~片手千人斬りの異名を残し、天目山に散った忠臣

跡部勝資 ~甲斐武田氏衰退の原因となった奸臣か

跡部勝資

 跡部勝資とは戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、甲斐武田氏家臣です。
 甲州征伐の際には主君・武田勝頼と共に、武田氏滅亡と運命を共にしました。
 長坂光堅と共に、武田氏が滅亡に至る原因となった家臣の一人ともいわれています。

 跡部勝資 (あとべ かつすけ)
 生年  不詳
 没年  1582年(天正10年3月11日)
 改名  又八朗⇒勝資
 別名  伊奈勝頼 通称:四郎
 主君  武田信玄⇒武田勝頼
 親   父:跡部信秋
 兄弟  良保
 子   和田信業 昌勝
     朝比奈信良室 依田信蕃室

続きを読む 跡部勝資 ~甲斐武田氏衰退の原因となった奸臣か

武田勝頼(諏訪勝頼) ~天目山の戦いに玉砕し、武田氏滅亡へ

武田勝頼

武田菱 武田勝頼とは戦国時代の甲斐国の戦国大名であり、甲斐武田氏の第20代当主です。
 武田信玄の四男であったことから、当初は諏訪氏の家督を継ぎ、諏訪勝頼と名乗りました。

 武田勝頼 (たけだ かつより)
 /諏訪勝頼(すわ かつより)
 生年  1546年(天文15年)
 没年  1582年(天正10年3月11日)
 改名  諏訪勝頼⇒武田勝頼
 別名  伊奈勝頼 通称:四郎
 家紋  武田菱(たけだびし)
 主君  武田信玄
 親   父:武田信玄 母:諏訪御料人
 兄弟  義信 海野信親 信之
     仁科盛信 葛山信貞
     信清 黄梅院 菊姫他
 妻   正室:龍勝院(遠山直廉の娘、織田信長養女)
     継室:北条夫人(北条氏康六女)
 子   信勝 男(周哲大童子)
     勝親 他

続きを読む 武田勝頼(諏訪勝頼) ~天目山の戦いに玉砕し、武田氏滅亡へ

武田信勝 ~甲斐武田氏最後の当主

武田信勝

武田菱 武田信勝とは安土桃山時代の武将であり、甲斐武田氏の21代目当主です。
 父は武田信玄の子である武田勝頼であり、母は遠山直廉の娘で織田信長の養女でもある龍勝院。
 大名家としての甲斐武田氏の、最後の当主になります。

 武田信勝 (たけだ のぶかつ)
 生年  1567年(永禄10年11月1日)
 没年  1582年(天正10年4月3日)
 改名  武王丸⇒信勝
 別名  太郎
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田勝頼 
     生母:龍勝院 継母:桂林院
 兄弟  勝親 貞姫
 妻   正室:大井の方
     側室:今井氏娘(西昌院)
        楠浦氏 工藤氏
        松尾氏 上杉憲房前室
 子   養子:信治

続きを読む 武田信勝 ~甲斐武田氏最後の当主

武田義信 ~武田氏混乱の序曲か、義信事件

武田菱 武田義信とは戦国時代の武将であり、甲斐国の守護大名・武田信玄の嫡男です。
 義信事件によって廃嫡され、甲府東光寺に幽閉されてその後死去しました。

 武田義信 (たけだ よしのぶ)
 生年  1538年(天文7年)
 没年  1567年(永禄10年11月19日)
 改名  太郎⇒義信
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田信玄 母:三条の方
 兄弟  海野信親 信之 黄梅院
     見性院 勝頼 真竜院
     仁科盛信 葛山信貞
     信清 松姫 菊姫
 妻   正室:嶺松院
 子   女子:園光院

続きを読む 武田義信 ~武田氏混乱の序曲か、義信事件

武田信虎 ~甲斐国統一を果たした、武田信玄の父

武田信虎

武田菱 武田信虎とは戦国時代の武将であり、甲斐国の守護大名、また戦国大名です。
 甲斐武田氏の18代目当主で、武田信玄の父親にあたる人物になります。
 のちに信玄に甲斐を追放されました。

 武田信虎 (たけだ のぶとら)
 生年  1494年(明応3年1月6日)
 没年  1574年(天正2年3月27日)
 改名  信直⇒信虎
 別名  無人斎道有
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田信縄 母:岩下氏
 兄弟  勝沼信友 桜井信貞
     吸江英心 女(小山田信有室)
 妻   正室:大井の方
     側室:今井氏娘(西昌院)
        楠浦氏 工藤氏
        松尾氏 上杉憲房前室
 子   竹松 晴信(信玄) 犬千代
     信繁 信基 信廉 信顕
     一条信龍 宗智 松尾信是
     河窪信実 信友 勝虎 定恵院
     南松院(穴山信友室) 禰々
     花光院(浦野氏室)
     亀御料人(大井信為室)
     下条信氏室
     禰津神平(元直長男)室
     葛山氏室
     菊御料人(菊亭晴季室)

続きを読む 武田信虎 ~甲斐国統一を果たした、武田信玄の父

原昌胤 ~陣馬奉行として120騎を指揮した、武田二十四将の一人

原昌胤

 原昌胤とは、戦国時代の武将であり、甲斐武田氏の家臣です。
 武田信玄武田勝頼の親子二代に渡って仕え、長篠の戦いにて戦死しました。

 原昌胤 (はら まさたね)
 生年  1531年(享禄4年)?
 没年  1575年(天正3年5月21日)
 別名  昌勝
 主君  武田信玄⇒武田勝頼
 親   父:原昌俊
 子   昌栄 昌弘 貞胤

続きを読む 原昌胤 ~陣馬奉行として120騎を指揮した、武田二十四将の一人

小幡昌盛 ~武田信玄の旗本を望んだ、武田二十四将の一人

小幡昌盛

五枚根笹 小幡昌盛とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏の家臣です。
 武田信玄及び、その子の武田勝頼の二代に渡って仕えました。
 父は鬼虎と呼ばれた小畠虎盛として知られています。

 小幡昌盛 (おばた まさもり)
 生年  1534年(天文3年)
 没年  1582年(天正10年3月6日)
 別名  通称:又兵衛 豊後守
     仮名:孫十郎(孫次郎?)
 家紋  五枚根笹
 主君  武田信玄⇒武田勝頼
 親   父:小畠虎盛
 妻   原虎胤の娘
 子   昌忠 在直 景憲 昌重

続きを読む 小幡昌盛 ~武田信玄の旗本を望んだ、武田二十四将の一人