「戦国時代の女性」カテゴリーアーカイブ

浅井江(崇源院) ~将軍・徳川秀忠の正室にして、浅井三姉妹の三女

浅井三姉妹《柴田神社の浅井三姉妹像》

三つ盛亀甲に花菱 浅井江とは戦国時代から江戸時代の人物で、三度の婚姻を経て江戸幕府第2代将軍である、徳川秀忠の正室となった人物です。

 長姉に豊臣秀吉側室の浅井茶々(淀殿)がおり、次姉に京極高次正室の浅井初(常高院)がおり、三女である江を含めて浅井三姉妹とも呼ばれています。

 浅井江(あざい こう)
 生年  1573年(天正元年)
 没年  1626年(寛永3年)
 別名  小督 江与 崇源院
 親   父:浅井長政
     母:お市の方(織田信長妹)
 兄弟  万福丸 万寿丸 茶々
     初 くす 刑部卿局
 夫   佐治一成 豊臣秀勝 徳川秀忠
 子   豊臣完子 千姫
     珠姫 勝姫 初姫
     家光 忠長 和姫

続きを読む 浅井江(崇源院) ~将軍・徳川秀忠の正室にして、浅井三姉妹の三女

浅井初(常高院) ~豊臣・徳川の間を奔走した、浅井三姉妹の次女

浅井三姉妹《柴田神社の浅井三姉妹像》

三つ盛亀甲に花菱 浅井初とは戦国時代から江戸時代の人物で、若狭小浜藩の藩主となった、京極高次の正室です。

 姉に豊臣秀吉側室の浅井茶々(淀殿)がおり、妹に徳川秀忠正室の浅井江(崇源院)がおり、初を合わせて浅井三姉妹と呼ばれています。

 浅井初(あざい はつ)
 生年  1570年(永禄13年)?
 没年  1633年(寛永10年)
 別名  御鐺(おなべ) 常高院
 親   父:浅井長政
     母:お市の方(織田信長妹)
 兄弟  万福丸 万寿丸
     茶々 督(江)
     くす 刑部卿局
 夫   京極高次
 子   養女:初姫(徳川秀忠の四女)
        古奈(氏家行広の娘)

続きを読む 浅井初(常高院) ~豊臣・徳川の間を奔走した、浅井三姉妹の次女

浅井茶々(淀殿) ~戦国時代の終焉に殉じた、浅井三姉妹の長女

浅井茶々(淀殿)

三つ盛亀甲に花菱 茶々とは戦国時代の人物であり、淀殿の名でも知られている人物です。
 三英傑の一人の織田信長の姪にあたり、また三英傑の一人である豊臣秀吉の側室でもあり、北近江の戦国大名・浅井長政の娘でもあります。

 末の妹である浅井江は三英傑の一人である徳川家康の息子である徳川秀忠に嫁いでおり、次女である浅井初を含めて浅井三姉妹と称し、戦国時代において数奇な運命を辿った女性の典型として、現代に伝わっています。

 大坂城落城の際に自害して果て、豊臣家滅亡と共に戦国時代を終わらせることになった人物です。

 浅井茶々(あざい ちゃちゃ)
 生年  1569年(永禄12年)
 没年  1615年(慶長20年)
 別名  淀殿 菊子
 親   父:浅井長政
     母:お市の方(織田信長妹)
 兄弟  万福丸 万寿丸
      督(江)
     くす 刑部卿局
 夫   豊臣秀吉
 子   鶴松 秀頼

続きを読む 浅井茶々(淀殿) ~戦国時代の終焉に殉じた、浅井三姉妹の長女

小少将 ~朝倉義景の側室として朝倉氏滅亡の遠因となった、傾国の美女か

諏訪館跡庭園《小少将居館 諏訪館跡庭園》

三つ盛木瓜 小少将とは戦国時代の越前国の大名・朝倉義景の側室として知られている人物です。


 小少将(こしょうしょう)
 生年  不詳
 没年  1573年(天正元年)
 別名  諏訪殿
 親   父:斎藤兵部少輔
 兄弟  斎藤新三郎
 夫   朝倉義景
 子   愛王丸

続きを読む 小少将 ~朝倉義景の側室として朝倉氏滅亡の遠因となった、傾国の美女か

小松姫 ~真田信之の正室にして本多忠勝の娘

小松姫

本多葵(丸に立ち葵) 小松姫とは戦国時代の女性であり、上田藩及び松代藩初代藩主となった真田信之の正室です。
 また徳川四天王の一人、本多忠勝の娘としても知られています。
 徳川家康の養女となった上で、真田信之に嫁ぎました。

 小松姫(こまつひめ)
 生年  1573年(天正元年)
 没年  1620年(元和6年2月24日)
 別名  於子亥 稲姫
     小松殿 大蓮院
 家紋  本多葵(丸に立ち葵)
 親   父:本多忠勝     母:於久の方(松平玄鉄の娘)
     養父:徳川家康(または徳川秀忠)
 兄弟  もり姫(奥平家昌正室)
     忠政 忠朝
     妹(本多信之室)
     妹(松下重綱室)
     妹(蒲生瀬兵衛室)
 夫   真田信之
 子   まん(高力忠房室)
     まさ(佐久間勝宗室)
     信政 信重

続きを読む 小松姫 ~真田信之の正室にして本多忠勝の娘