「今川家」カテゴリーアーカイブ

岡部元信 ~織田・徳川家と戦い続けた、今川家の名将

 岡部元信とは戦国時代の武将として今川家に仕え、今川家が滅亡した後は、武田家に仕えました。
 桶狭間にて討ち取られた主君・今川義元の首を持ち帰ったことで知られる人物です。

 岡部元信(おかべ もとのぶ)
 生年  不詳
 没年  1581年(天正9年)
 別名  長教 真幸 元綱 五郎兵衛
 主君  今川義元今川氏真
     ⇒武田信玄武田勝頼
 親   父:岡部親綱
 子   真堯 元昌 娘(土屋昌恒室)

続きを読む 岡部元信 ~織田・徳川家と戦い続けた、今川家の名将

今川良真(玄広恵探) ~花倉の乱で敗れた、今川義元(梅岳承芳)の庶兄

足利二つ引両 今川良真とは戦国時代の武将であり、花倉の乱で弟である今川義元と争い、敗れた人物です。
 出家していたため、玄広恵探の名でも知られています。

 今川良真(いまがわ ながさね)
 生年  1517年(永正14年)
 没年  1536年(天文5年)
 別名  玄広恵探(げんこう えたん)
 親   父:今川氏親 母:福島正成の娘
 兄弟  氏輝 彦五郎 義元 氏豊

続きを読む 今川良真(玄広恵探) ~花倉の乱で敗れた、今川義元(梅岳承芳)の庶兄

今川氏輝 ~謎の死が花倉の乱の端緒となった、今川氏第10代当主

足利二つ引両 今川氏輝とは戦国時代における駿河国の戦国大名です。
 今川宗家の10代目にして駿河今川氏の8代目に当たり、今川義元の兄としても知られています。

 今川氏輝(いまがわ うじてる)
 生年  1513年(永正3年)
 没年  1536年(天文5年)
 改名  龍王丸⇒氏輝
 別名  五郎
 主君  足利義晴
 親   父:今川氏親 母:寿桂尼
 兄弟  彦五郎 玄広恵探 義元 氏豊
     瑞渓院(北条氏康室)
     娘(松平親善室⇒鵜殿長持室)
     娘(中御門宣綱室)
     娘(瀬名氏俊室)
     養女(井伊直平娘 今川義元側室⇒関口親永室)

続きを読む 今川氏輝 ~謎の死が花倉の乱の端緒となった、今川氏第10代当主

今川氏親 ~今川氏の悲願である遠江奪還を成し遂げた、今川義元の父

足利二つ引両 今川氏親とは戦国時代の武将であり、駿河・遠江の守護大名です。
 今川宗家の9代目及び駿河今川氏の7代目に当たり、子に今川義元が知られ。北条早雲の甥としても知られています。

 今川氏親(いまがわ うじちか)
 生年  1471年(文明3年)
 没年  1526年(大永6年)
 改名  龍王丸⇒氏親
 別名  彦五郎
 主君  足利義尚⇒足利義材
     ⇒足利義澄⇒足利義稙
 親   父:今川義忠 母:北川殿
 兄弟  正親町三条実望室 心範
 子   氏輝 彦五郎 玄広恵探 
     義元 氏豊
     瑞渓院(北条氏康室)
     娘(松平親善室⇒鵜殿長持室)
     娘(中御門宣綱室)
     娘(瀬名氏俊室)
     養女(井伊直平娘 今川義元側室⇒関口親永室)

続きを読む 今川氏親 ~今川氏の悲願である遠江奪還を成し遂げた、今川義元の父

今川義忠 ~今川氏第8代当主にして、今川義元の祖父

足利二つ引両 今川義忠とは室町時代から戦国時代にかけての武将であり、駿河国の守護大名です。
 今川宗家の8代目及び駿河今川氏の6代目に当たり、桶狭間の戦いで討死したことで知られる今川義元の祖父に当たる人物になります。

 今川義忠(いまがわ よしただ)
 生年  1436年(永享8年)
 没年  1476年(文明8年)
 別名  彦五郎
 主君  足利義政⇒足利義尚
 親   父:今川範忠 母:上杉氏定の娘
 兄弟  範勝 範慶
 子   正親町三条実望室 氏親 心範 

続きを読む 今川義忠 ~今川氏第8代当主にして、今川義元の祖父

今川範忠 ~天下一苗字の恩賞を受けた、今川氏第7代当主

足利二つ引両 今川範忠とは室町時代の守護大名であり、今川宗家の7代目及び駿河今川氏の5代目に当たる人物です。
 天下一苗字の恩賞を受けたことでも知られています。

 今川範忠(いまがわ のりただ)
 生年  1408年(応永15年)
 没年  1461年(寛正2年)
 別名  彦五郎
 主君  足利義教⇒足利義勝⇒足利義政
 親   父:今川範政 母:上杉朝顕の娘
 兄弟  範豊 範忠 範満 小鹿範頼
 子   義忠 範勝 範慶

続きを読む 今川範忠 ~天下一苗字の恩賞を受けた、今川氏第7代当主

今川範政 ~『源氏物語提要』の著者にして、征夷副将軍・今川氏第6代当主

足利二つ引両 今川範政とは南北朝時代から室町時代前期にかけての守護大名であり、駿河今川氏の4代目の当主です。今川宗家としては6代目に当たります。
 室町幕府の征夷副将軍も務めました。

 上杉禅秀の乱で功績を挙げるなど武人として活躍もさることながら、歌人しても才能があり、更には『源氏物語提要』の著書も知られています。

 今川範政(いまがわ のりまさ)
 生年  1364年(正平19年/貞治3年)
 没年  1433年(永享3年)
 別名  五郎
 主君  足利義持⇒足利義量⇒足利義教
 親   父:今川泰範
 兄弟  泰国 範信
 子   範豊 範忠 範満 小鹿範頼

続きを読む 今川範政 ~『源氏物語提要』の著者にして、征夷副将軍・今川氏第6代当主

今川泰範 ~明徳の乱・応永の乱で功を挙げた、今川氏第5代当主

足利二つ引両 今川泰範とは南北朝時代から室町時代にかけれの守護大名であり、駿河今川家の3代目の当主です。今川宗家としては5代目になります。
 室町幕府の侍所頭人などの役職も務めました。

 今川泰範(いまがわ やすのり)
 生年  1334年(建武元年)
 没年  1409年(応永16年)
 別名  仲高
 主君  足利義詮⇒足利義満⇒足利義持
 親   父:今川範氏
 兄弟  氏家
 子   範政 泰国 範信

続きを読む 今川泰範 ~明徳の乱・応永の乱で功を挙げた、今川氏第5代当主

今川範氏 ~弟・今川貞世の影に隠れた、今川氏第4代当主

足利二つ引両 今川範氏とは鎌倉時代末期から南北朝時代前期にかけての人物で、今川宗家の4代目当主であり、駿河今川家の第2代当主として知られています。

 今川範氏(いまがわ のりうじ)
 生年  1316年(正和5年)
 没年  1365年(貞治4年)
 別名  五郎
 主君  足利尊氏⇒足利義詮
 親   父:今川範国
 兄弟  貞世 氏兼 仲秋
 子   氏家 泰範

続きを読む 今川範氏 ~弟・今川貞世の影に隠れた、今川氏第4代当主

今川範国 ~今川家を守護大名へと押し上げた、今川氏第3代当主

足利二つ引両 今川範国とは今川宗家の第3代当主にして、守護大名としての駿河今川氏初代当主でもある人物です。

 今川範国(いまがわ のりくに)
 生年  1295年(永仁3年)
 没年  1384年(至徳元年)
 改名  松丸⇒範国
 別名  五郎
 主君  守邦親王⇒足利尊氏
 親   父:今川基氏 母:香雲院
 兄弟  頼国 範満 頼周 大喜法忻
 子   範氏 貞世 氏兼 仲秋

続きを読む 今川範国 ~今川家を守護大名へと押し上げた、今川氏第3代当主