「井伊家」カテゴリーアーカイブ

井伊直平 ~井伊家の苦難を見守った、一門の長老

丸に橘 井伊直平とは戦国時代の武将であり、遠江国井伊谷の国人領主として今川家に仕えました。
 徳川四天王の一人として知られる井伊直政の曽祖父でもあります。

 井伊直平(いい なおひら)
 生年  1489年(延徳元年)もしくは1479年(文明11年)
 没年  1563年(永禄6年)
 主君  今川氏親⇒今川氏輝⇒今川義元⇒今川氏真
 親   父:井伊直氏
 子   直宗 直満 直義 直元(今川義元側室→関口親永室)
 養子  南渓瑞聞?

続きを読む 井伊直平 ~井伊家の苦難を見守った、一門の長老

南渓瑞聞(南渓和尚) ~おんな城主・井伊直虎誕生のきっかけを作った、龍潭寺住職

丸に橘 南渓瑞聞とは戦国時代の僧侶であり、龍潭寺の二世住職です。
 井伊家存亡の危機の際に、井伊家出身の女性であった次郎法師を井伊直虎として、井伊家当主に推薦した人物として知られています。

 南渓瑞聞(なんけい ずいもん)
 生年  不詳
 没年  1589年(天正17年)
 別名  南渓和尚
 宗派  臨済宗
 寺院  龍潭寺
 親   父:井伊直平か?(養父の可能性も)
 兄弟  (井伊直平が父親であるならば)直宗 直満 直義 直元 今川義元側室

続きを読む 南渓瑞聞(南渓和尚) ~おんな城主・井伊直虎誕生のきっかけを作った、龍潭寺住職

奥山朝利 ~井伊家の実力者にして、井伊直政の外祖父

 奥山朝利とは戦国時代の武将であり、遠江国井伊谷を治めた井伊家に仕えた人物です。
 のちに徳川四天王と称される井伊直政の外祖父としても知られています。

 奥山朝利(おくやま ともとし)
 生年  不詳
 没年  1561年(永禄3年)もしくは1563年(永禄5年)
 別名  親秀
 主君  井伊直盛
 親   父:奥山親朝
 兄弟  新野親矩室
 妻   奥山朝利の娘
 子   朝宗 朝重 朝家 勘三郎 井伊直親室 (おひよ)他

続きを読む 奥山朝利 ~井伊家の実力者にして、井伊直政の外祖父

小野朝直(小野玄蕃) ~奸臣といわれた小野家にあって、井伊家に尽くした武将か

丸に三柏 小野朝直とは戦国時代の武将であり、遠江国井伊谷の井伊家に仕えた武将です。
 小野玄蕃(おの げんば)の名前でも知られています。

 小野朝直(おの ともなお)
 生年  不詳
 没年  1560年(永禄3年)
 別名  玄蕃
 主君  井伊直盛
 親   父:小野政直
 兄弟  政次(道好)
 妻   奥山朝利の娘
 子   朝之

続きを読む 小野朝直(小野玄蕃) ~奸臣といわれた小野家にあって、井伊家に尽くした武将か

中野直由 ~小野政次(道好)の専横を防いだ、井伊家重臣

 中野直由とは、遠江国井伊谷の領主を務めた井伊家に仕えた重臣であり、井伊家名代として井伊谷城を守った忠臣として知られています。

 中野直由(なかの なおよし)
 生年  不詳
 没年  1564年(永禄7年)
 別名  越後守 信濃守
 主君  井伊直盛⇒井伊直親
 親   父:中野直村
 子   直之

続きを読む 中野直由 ~小野政次(道好)の専横を防いだ、井伊家重臣

小野政直(道高) ~井伊直満・直義を謀殺し、井伊家衰退の発端となった奸臣か

丸に三柏 小野政直とは、遠江国井伊谷の領主を務めた井伊家の家老として仕えた武将です。
 井伊直満や井伊直義を謀殺した人物であり、小野道高の名前でも知られています。

 小野政直(おの まさなお)
 生年  不詳
 没年  1554年(天文23年)
 別名  道高
 主君  井伊直盛もしくは井伊直満
 親   父:小野兵庫助
 子   政次(道好) 朝直

続きを読む 小野政直(道高) ~井伊直満・直義を謀殺し、井伊家衰退の発端となった奸臣か

小野政次(小野道好) ~井伊直親を謀殺し、井伊家を存亡の危機に陥れた逆臣か

井伊谷城址《小野政次最期の地 井伊谷城址》

丸に三柏 小野政次とは戦国時代の武将であり、遠江国井伊谷の領主を務めた井伊家に仕え、主君である井伊直親を陥れ、死に追い込んだ人物です。
 小野道好の名でも知られています。

 小野政次(おの まさつぐ)
 生年  不詳
 没年  1569年(永禄12年)
 別名  道好
 主君  井伊直盛⇒井伊直親⇒井伊直虎
 親   父:小野政直
 兄弟  朝直

続きを読む 小野政次(小野道好) ~井伊直親を謀殺し、井伊家を存亡の危機に陥れた逆臣か

井伊直親 ~徳川四天王・井伊直政の父

丸に橘 井伊直親とは戦国時代の武将であり、遠江国の国人である井伊家の当主。今川家の家臣。

 井伊家の人物として有名なのは、例えば幕末の井伊直弼であったり、徳川四天王である井伊直政であったりするのですが、井伊直親は井伊直政の父親として知られている人物です。直弼にとってもご先祖様にあたります。

 井伊直親(いい なおちか)
 生年  1535年(天文4年)
 没年  1563年(永禄5年)
 改名  亀之丞⇒直親
 主君  今川義元⇒今川氏真
 親   父:井伊直満 養父:井伊直盛
 妻   正室:奥山ひよ(奥山朝利娘) 婚約者:井伊直虎
 子   高瀬姫 井伊直政

続きを読む 井伊直親 ~徳川四天王・井伊直政の父

井伊直盛 ~桶狭間に散った、井伊直虎の父

丸に橘 遠江の国人であった井伊氏の当主であり、井伊谷城の城主。
 女領主として知られる井伊直虎の父親に当たる人物として知られています。

 井伊直盛(いい なおもり)
 生年  1526年(大永6年)
 没年  1560年(永禄3年)
 別名  次郎
 主君   今川義元
 親   父:井伊直宗
 兄弟  山内勝近
 妻   祐椿尼(新野親矩の妹)
 子   井伊直虎
 養子  井伊直親

続きを読む 井伊直盛 ~桶狭間に散った、井伊直虎の父

井伊直虎 ~遠江井伊谷のおんな城主、井伊家を存続させた次郎法師

龍潭寺《井伊直虎所縁の龍潭寺》

丸に橘 井伊直虎とは戦国時代にあって、女性でありながら遠江井伊谷の領主を務めたことで知られています。
 また存亡の危機にあった井伊家の事実上の当主も務めており、女地頭とも呼ばれていたようです。

 徳川四天王で知られる井伊直政とははとこであり、養母でもありました。

 井伊直虎(いい なおとら)
 生年  1536年(天文5年)※推測
 没年  1582年(天正10年)
 改名  祐圓尼⇒直虎
 別名  通称:次郎法師
 主君  今川氏真⇒徳川家康
 親   父:井伊直盛 母:祐椿尼
 夫   婚約者:井伊直親
 子   直政

続きを読む 井伊直虎 ~遠江井伊谷のおんな城主、井伊家を存続させた次郎法師