McAfee(マカフィー)から不審(危険)なサイトと認定された時の対処法

 どうしてこんな記事を書いたのかといえば、ここのブログがまさに当事者になってしまったからです。どうにか無事解決することができたので、せっかくだからということで書き留めておくことにしました。

スポンサードリンク

McAfee(マカフィー)とは?

 ウイルス対策ソフトのことです。セキュリティソフトなどとも呼ばれていますね。
 私も以前使用していたパソコンに入っていたのですが、使いたいソフトまでウイルス認定して使えなくしてくれたので、こんなもん使えるかー、と怒ってアンインストールし、別のウイルス対策ソフトに変えたという、あんまりよろしくない出会いと別れがありました。それだけ対策に万全を期している、ということなのかもしれませんが、本末転倒な感も否めません。まあ大分前のことですけれどね。

 とまあ、そんなわけであまり印象がよろしくなかったので、以降、使うことはありませんでした。
 ところが。二年ほど前に購入したスマートフォンについていたんですね。ドコモあんしんスキャンとかいう、アレです。

 これまでは特に問題無くいたのですが(私はあまりスマホでネットはしないので)、このブログを開設した時に、どんな風に表示されるんだろう、と思ってチェックしてみたわけです。案の定見にくいなー、そのうち何かカスタマイズできるのならしたいなー、でもまずはPC版の方だよなー、とか思って、以降あまり見ることはありませんでした。

 しかしつい先日アクセスしようと思ったら、できない――というか、マカフィーが壁となって立ち塞がっていました。

 「警告:不審なサイト」

 なんじゃこりゃー!? というわけで、悪戦苦闘が始まったわけです。

まずは自分のサイトを確認

 こういうのが表示されているということは、マカフィーを導入されている方のPCやスマホでも同様に表示されるはずなので、当然警戒されて誰も来なくなってしまいます。

 おのれマカフィー、10年以上もたって再び我が前に立ち塞がるとは!
 かつての因縁復活です。

 とまあ、本当に何か問題があって警告してくれている可能性もあるので、まずは粛々と自分のサイトのチェックを行いました。
 ネット上にはURLを入力することで、そのサイトに問題が無いかチェックしてくれるサービスがあったりするので、めぼしいところから順にチェックしてみました。

 色々あるんですが、結果、マカフィー以外は全て問題無し。やはり最後の敵はマカフィーだったか。
 ともあれうちのブログは出来立てでもあるので、自分で見る限りにおいても問題があるようには思えません。警告表示には迷惑メール送信の可能性云々とあったのですが、よく分からない。

 というわけで、誤判定だ! と結論付けることにしました。

マカフィーの誤解を解くには

 今回の当ブログは黄色判定で、不審なサイト扱いでした。更に上には赤判定の危険なサイトというものがあるみたいですが、壁になっていることには違いありません。
 で、色々調べてみることにしました。すると……。

 どうやら私と似たような悩みを抱え、無事解決された方も多いようで、そういった方が公開されているサイトの情報が大変役に立ちました。ありがとうございます。
 何はともあれ、マカフィーに連絡して解除してもらうのが一番なのですが、直接メール等をしてもどうやら無視されるらしく、使えないとか。さすがマカフィー、手強い。

 結局解決方法は一つだけのようで、

 サイトアドバイザーの安全性評価(レーティング)について、再調査を依頼する場合の問い合わせ方法

 このサイトでTrustedSourceのアカウント登録した上で、サイトの再評価を依頼する、という方法が最も確実で手っ取り早いようです。
 全て英文サイトなのですが、上記のサイトで丁寧に説明してくれてあるので、その方法に添って手続きを進めてもらえれば、うまくいくはずです。
名称未設定 1のコピー 私の場合は半日ほど待って、結果が出ました。ちなみに結果についてはメールも届きます。英文だけのメールなので迷惑メールと勘違いしそうになりましたが。

 ともあれ結果は黄色から緑色に! つまりようやく安全なサイトだと認めてもらえたようです。念のためスマホからも確認してみましたが、こちらもスムーズにアクセスできるようになっていました。良かった良かった……。

 これでマカフィーとの因縁にもようやく終止符が打たれたようです。と、思いたいですね。

スポンサードリンク