Amazon Kindle (アマゾン キンドル)ダイレクト・パブリッシングのセルフ出版なら簡単にセルフ出版できる!

スポンサードリンク

Amazon Kindleとは

 私もお世話になっているAmazon Kindleは、比較的簡単に個人で出版可能な方法の一つです。Amazon Kindleとは、いわゆる電子書籍サービスのことですね。

 同人サークルibisとしては、これまでオリジナルビジュアルノベルゲームや、小説という形での同人誌を発行してきました。そういった創作活動は楽しかったですし、四苦八苦しながらやっていた頃がむしろ懐かしいくらいです。自分たちの作ったものが実際に形になって手元に届くと、やはり感動ものでした。紙媒体というのはいいものです。



 とはいえ、いわゆる自費出版となるとハードルが高かったのも事実です。1ページ1ページ体裁を整え、描いた表紙も印刷のことを考えて、例えば断ち切りのことも考慮して作らなければならず、なかなか大変な作業でした。そして何よりコストの問題が大きく立ちはだかっていたことが大きかったです。

 特に小説となるとある程度の文章量、つまりページが必要になってくるわけで、このページ数が増えれば増えるほどコストがかかってきます。
 たくさん部数を刷ることができ、なおかつそれらをさばくことができれば一冊辺りのコストも抑えられますが、なかなかの数量が必要になってきます。

 私の場合、極力市販の新書本の体裁に合わせようとした結果、一冊辺りのコストはけっこうなものでした。まあ趣味でやっているんだし、元さえとれればいいや程度の気持ちだったので、あれでも特には問題なかったといえば無かったのですが、やはり配布できる絶対量が限られてしまいます。 このあたりが自費出版の哀しさ、でしたね。

 しかし電子書籍ですと、コストはかかりません。これが最大の魅力です。そして配布できる数も事実上無限です。出版の目的にもよりますが、あくまでメモリアルとして残すのであれば電子書籍は向きませんが、あくまでたくさんのひとに読んでもらうことが目的であるのならば、許容できる短所といえるかもしれません。

 私の場合はどちらかというと前者でしたが、それはそれで目的を果たすことができたので、今度は少しでも多くのひとに読んでもらいたい、という次の段階に移ったともいえるかもしれません。

出版方法

 電子出版だろうが紙での自費出版だろうが、まずは本そのものの内容がなければどうにもなりません。まあこれが一番大変な作業ですが、これをこなせば出版までの道が開けます。
 出版手続きの説明の前に、用意しておくべきもの(手順)を列挙しておきます。

 ・文章作成
 ・表紙作成
 ・文章のテキストファイルを、EPUB形式にする

 まずはここまでを用意しておく必要があります。

文章作成

 体裁を整える

 文章はテキストエディタで製作します。いわゆるメモ帳ですね。もっともシンプルな、文章を書くソフトです。
 ただしKindleで表示される際の体裁を、最低限整えておく必要があります。文章だけ書いてあるだけでは読みにくいですからね。マークダウン、という方法を用いて体裁を整えていきます。ちなみに後で変換に使用するでんでんコンバーターの方法に則ったやり方です。
 文章の体裁で必要と思われるのはそんなに多くなく、簡単といえば簡単です。私は生来の面倒くさがり屋なので、極力シンプルにいこう、がモットーなので、簡潔で構わない、という方は参考にしていただければと思います。
 ちなみに私の場合、縦書きにて出版しているので、それに合わせた方法となっています。

 ・見出し
 ・空行
 ・改ページ
 ・縦中横
 ・ルビ

 ざっくりこれだけです。

 見出しをつける

 Kindleではいわゆる目次が自動的に作られるのですが、その際に必要なのが見出しです。小説などでも章ごとに章題がつけられていることがありますね。あれだと思っていただければいいかと思います。

 ただしそのままでは見出しであると分からないので、分かるように記述してやる必要があります。
 記述方法としては、半角の#を使って指定します。

  #見出し1#
  ##見出し2##

 こんな感じです。囲んでいる#の数が少ないほど重要な見出し、というか文字が大きく表現されます。ibisノベルでは#三つで囲んで記述しました。こんな感じです→###見出し###

 空行

 縦書きの際だけなのかもしれませんが、何もしないままだと空行が無くなり、全て行が詰まった状態になってしまいます。これでは見難いので、空行を指定するマークダウンを入れる必要があります。その際に使用するのが <br /> という記述です。
 例えば、

  あいうえお
  <br />
  かきくけこ

 と記述すれば、

  あいうえお
  
  かきくけこ

 と表示されます。これを入れないと、テキスト上でいくら空行があっても行が詰まってしまうのです。

 改ページ

 これは章が変わる際に、次のページまで全て空行にする、といった表現の際に使用するものです。半角のイコール記号 === にて記述します。=記号が三つ以上必要です。
 例えば下記のように記述します。

  章の最後の文章

  =======================================

  ###見出し###

 ちなみに文章を作成するテキストファイルは一つにまとめる必要はなく、分割可能です。文章量が少なければ一つのファイルで管理した方がよいかもしれませんが、多い場合は分割した方が編集しやすいです。そして分割した場合、自動的に改ページとなります。
 ですから私の場合、上記の記述は行わず、ファイル分割にて改ページを行っています。

 縦中横

 縦書きの小説を書かれている方にはお馴染みの機能ですね。縦中横(たてちゅうよこ)とは縦書きの際に使用するもので、特定の文字を横組みにすることをいいます。具体的に何に使うかといえば「!?」という文字を表現する場合に使います。

 ライトノベルではよく見る表現で、驚愕などを表す時に用いるのですが、エクスクラメーションマークとクエスチョンマークがくっついた文字など存在しないので、自分で作ってやる必要があるわけですね。横書きの場合は問題無いのですが、縦書きの場合は普通に打っても表現できないので、縦中横という機能を使う必要が出てきます。

 記述方法としては、対象の文字をハット記号 ^ で囲みます。
 例えばこんな感じです。

  なんでやねん^!?^

 ちなみに横書きの際に記述しても、効果は無いそうです。

 ルビを振る

 これは絶対必要というわけではありませんが、あった方がいい機能です。
 日本語というのは自前で平仮名、カタカナ、漢字と三種類も表現方法がありながら、外国語だって構わず取り込んでしまう融通の利く言語です。
 そしてその中にあって最強なのがルビ振りです。これさえあればどんな意味不明な言葉に対しても、読みを提供することができるわけですからね。いやまあ、私個人の見解ですが。

 記述方法としては対象の文字列を半角中括弧 {} で囲い、更に文字列の後ろに半角のバーティカルバー | を入力して、その後にルビ文字を書けばOKです。
 例えばこんな感じですね。

 {本気|マジ} と書いてマジと読む

 これ以外にもたくさんの記述方法がありますが、詳細は本家のページを参考にされるのが一番かと思います。

 でんでんマークダウンの記法

表紙作成

 出版にあたって別段無くても良いのですが、あった方が絶対にいいので敢えてここで書いておきます。

 同人誌として出版する時もそうでしたが、マイナーな同人小説にとって表紙は大切です。中身の文章はもちろん一番大切ですが、それでも手に取ってもらわければ意味がありません。そういった触手を伸ばしてもらう最初の動機になるのが表紙です。ですから何かしら用意することを強くお奨めします。

 ちなみにファイル形式はPNG、JPEG、GIFが対応しています。サイズは1562×2500ピクセルが最適らしいのですが、私の場合は1590×2600ピクセルです。

 またファイルサイズはあまり大きくない方が無難です。画質を気にして低い圧縮率で保存しても、保存の際に劣化してしまうようなので、何度か試しながら落としどころを探りましょう。また作成した表紙の名前は分かりやすくcover.jpgとしておいた方がいいようです。

文章のテキストファイルを、EPUB形式にする

 変換は至極簡単で、でんでんコンバーターというサイトにて、簡単に変換できます。

 名前やタイトルを入れる画面があるので記入します。気をつけなければならないのはページ送り方向という場所で、右から左 縦書き、という場所にチェックを入れることを忘れないようにすることです。もちろん縦書きの場合に限りますが。

 変換後、プレビューを見ることができるので、問題が無いかしっかり確認しましょう。後でしまったと思わないためにも、確認は大切です。大抵の場合、やらかしているものですから。

出版前に、実際にKindleで確認する

 やはり確認はKindleで確認したい、という方の為に、その方法を書いておきます。
 Amazonにて「Kindle プレビューア 」というソフトがダウンロードできるので、まずそれを入手しましょう。
 このページからダウンロードできます。

 ソフトを開き、変換したEPUB形式のファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてやると、そこでプレビューが開きますので、ここで確認できます。しかし私は実際に読む端末として使用しているスマートフォンで確認したいので、もうひと手間かけます。

 上記の作業をすると更にファイルが変換され、mobiという形式のファイルに変換されます。このファイルをメールでAmazonのMy Kindleのパーソナル・ドキュメントサービスに送りましょう。もちろんそれまでに、Amazonアカウントの取得や、スマートフォン用のアプリなどのインストールは必須です。

 ちなみにメールアドレスはこちらを参考にして下さい。

 Send-to-Kindle Eメールアドレスの使い方について 

 送信してからしばらくすると、自分の端末のKindleアプリにダウンロードされますので、そこでしっかり確認しましょう。
 そうして問題がなければいよいよ出版手続きです。

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの出版手続き

 Kindle ダイレクト・パブリッシング

 上記のページにアクセスして、サインインして中に入りましょう。ちなみにKindle ダイレクト・パブリッシングにて個人情報の登録が必要になるので、まずはそれをする必要があります。

 登録後、出版手続きに入ります。
 記入の必要項目が出てくるので、入力していきます。
 途中で表紙と本のアップロード画面が出てくるので、アップロードしましょう。変換時に表紙も一緒にしたじゃん、と思うかもしれませんが、もう一度やっておきます。

 アップロードや変換に成功したら、次のページに移ります。
 そこでは価格とロイヤリティを設定します。ちなみにロイヤルティには二種類あり、それぞれ70%と35%です。もちろん70%の方が懐に入ってくる金額は多くなりますが、何の制限も無いわけではありません。70%のロイヤリティを手に入れるためには、他店での販売が不可能となります。あくまでAmazonでのみ販売することが条件となるわけですね。
 また販売価格があまりに安いと35%のロイヤリティに強制的になってしまいますので、販売価格もよく考えましょう。

 最後の保存して出版を押せば、出版手続き完了です。Amazonによる審査が開始され、これに通れば晴れて出版! ということになります。待ち時間は私の場合で数時間から半日程度でした。

 とまあ流れはこんな感じです。
 もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非にもチャレンジしてみて下さいね!